2017年07月08日

ありがとう・ありがとうねG

平成27年月12日(大腸カメラの前日)

下剤服用するのを心配している。
「あんないっぱい飲めるだろか?夜ここ(居間)で寝るわ。トイレ行くのに間
に合わないから」
私も今の母の体力と病状を考えると大腸カメラの前処置として2ℓもの下剤を大量飲用し下痢をおこさせることは、今よりさらに体力を消耗させる。
大腸カメラ事態、危険が伴うものであり、これらのリスクを考えたら、どうも心配で気がすすまない。
兄達に相談し母の意思を尊重する事とし、その旨母に伝える。
   「兄ちゃんも義博もそう言ったの?良かった。トイレ通いで眠れなくて、明日歩
いて行けないんじゃないかと思ってたんだ。安心した。ゆっくり眠れる」
   父も納得してくれた。

かなりのストレスだったんだね。お母さん、ごめんね。
早く相談して安心させてあげれば良かった。
今の母には、この検査は辛すぎるし、場合によっては、入院はおろか、生命に関わる危険を伴うこともある。
posted by かず at 08:27| Comment(0) | TrackBack(0) | ありがとう・ありがとね | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/451613816

この記事へのトラックバック