2017年04月01日

ありがとう・ありがとね @

1年以上にわたり、治療師としてターミナルケアにどう関わったかを治療師目線で書いた「母の死とプラーナ」を掲載しましたが、今月から、介護者目線の手記を連載します。

この手記は、癌の発病から最期の時まで、母に寄り添いつぶさに観察してくれた妹が、看護師として娘として、病気の経過や、病人と介護者の揺れ動く心、喜び、感謝の気持ちなどを、その時々手帳に書き残したリアルな記録です。脚色等は一切施しておりません。

タイトルの「ありがとう・ありがとね」は、母が妹に毎日かけていた言葉ですが、この言葉にはスピリチュアル・ケアの本質が息づいているように思います。

在宅で家族を介護する皆様のお役に立てば幸いです。


平成27年4月
4/6 谷内科クリニック定期受診。定期検査(採血と腹部エコー)
「なんとか?という値が高くて、膵臓が少し腫れてるから、市立病院で検査して下さいと言われて、すぐ予約してくれた。心臓も少し弱ってきているから、と心臓のエコー検査の予約も入ったの」と母から聞く。

肝臓癌?まず頭にうかんだ。やっぱり病魔が母を蝕んでいたのだ。
受診に付き添わなかったことを後悔。

昨年末からの母の様子をみていて、一人で受診させることに不安がよぎったが「大丈夫だよ、仕事休まないで」と一人で受診。
多分診察時、倦怠感があること、動くと胸がドキドキしてこわくなること、瘦せてきたことなどを訴えたのだろう。先生も母の様子から定期検査に加え、腫瘍マーカー採血が追加になったのではないかと推測する。

「時々スーッと吸い込まれるようなこわさがあって、このまま死ぬんじゃないかと思うことあるんだ」

今後は付き添うからね。お母さん、ごめんね。
posted by かず at 18:18| Comment(0) | TrackBack(0) | ありがとう・ありがとね | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/448637952

この記事へのトラックバック