2016年10月29日

母の死とプラーナ〜末期癌の症例報告㉜〜


正月三が日にも関わらず駆けつけてくれたのは、名寄市風連国民健康保険診療所の内科医松本晋一郎先生と看護師さんでした。赤ひげ大賞の松田所長と共に、道北にある厳寒の盆地で、地域医療を年中無休体制で担う若きドクターとベテランナースです。

ドクターが到着した時、母の容態は落ち着き、穏やかな寝息を立てていました。

「今夜がヤマだと思います。今夜は泊まって付き添われた方がいいですね。何かあったら遠慮なく呼んでください」」母を診察した松本先生がそう言い残し、雪の中を帰りました。

その言葉に従い、妹は夜に備え入浴と仮眠をとりに自宅に戻りました。
父親は除雪のため外に出ています。

思いがけず、母と二人きりの時間が訪れました。
母のベッドの隣に体を横たえ目を閉じてみました。
物心がつくまで母と一緒に寝ていたはずですが、母の隣に寝るのは・・・いったい何十年振りでしょう。

そこには信じられないくらい穏やかな時間が静かに流れていました。

ふと視線に気付き目をあけると、いつのまにか目覚めた母が私を見つめています。
それから宙を見つめるような視線に変わりました。少し驚いたような顔ですが、それは恐れや混乱ではなく、畏敬の念で何かを見ているかのような表情です。

しかし私には、母の視線の先に何もとらえることは出来ませんでした。

古来より人生の最後に来ると言い伝えられる「お迎え」という文字が頭をよぎりました。
posted by かず at 08:07| Comment(0) | TrackBack(0) | かく語れり(仏教概論) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック