2009年03月05日

光の射す方へ118 〜受信〜 by希望


 それは発表の朝のことです。

 早起きして勢いよく身仕度と朝の仕事を済ませ、原稿にも再度目を通して忘れ物もない。あとは会場に向かうばかり♪
安堵してゆるりと外を眺めました。
どこまでも広がる空の下に田園風景・・・
緊張はどこへやら、ふ〜〜〜っとのどかな景色になりきった・・


そのときK先生の姿が一瞬よぎりました・・・

《あれ?先生、なんで?》
その瞬間私のからだに・・そよ風??・・・窓も開けてないのに?
間髪を入れず、わたしの輪郭にあたたかい液体がぐんぐん注がれてきた?みたい・・こんこんと湧いてきた?みたい??
わからないまま身を委ねていると、腕を満たし、胴体を満たし、手足の指先まで次々に輪郭を満たしきったエネルギーが放電しはじめたような感覚が残って・・・身体の隅々まであたたかい
電気にかかったような体感・・
時間にしてどれくらいだったのでしょう?

これって・・
優しい風が通りすぎた余韻に包まれながら、確信しました。

K先生から治療を受けてるときのプラーナと同じ!
これ、きっと『長生健康読本』に書かれていたプラーナの遠隔操作だ!

あたたかい応援を感じながら、無事に発表を終わりました。


 後日、K先生の治療中に話を切り出しました。

「先生、先日はありがとうございました。
おかげさまで、無事発表を終えました。
発表の朝、私にプラーナを送ってくださったでしょう?」

「・・・・・・・。」
治療の手が止まり、長い沈黙の間、先生は私の顔を凝視しつづけていました。

私は事の次第をゆっくり話しました。

すると、先生はしばらく前から毎朝、患者さんを想いながらプラーナを送っていたことを話されました。
その日は発表の日だったので、私にプラーナを初めて送ってみたんだそうです。
けれども、プラーナを送った人からお礼を言われたのは初めてだと・・・。

 今度は私が言葉を失いました。

手の平の雪が溶けてゆくのを一度感じたら、髪に雪が舞い降りる感触を一度味わったら、意識が他に向いていなければ、目を閉じても身体に触れて溶けゆく雪を感じるように
プラーナも感じるものだと
そんな風に思ったから、それまで誰もきづかなかったなんて、信じられませんでした。

ましてや、雪どころかK先生のプラーナはお湯をかぶるくらい、私のエネルギーとは重さも温度もくっきり異なるこんなに強いエネルギーなのに?

 腑に落ちない私に、K先生は、同じプラーナを送っても感じる感じないは受信する側次第なんだと説明されました。

確かに、私は以前気功をやっていたときにプラーナを感知する訓練をして以来、より感じとれるようになったような気はします・・。五感だって個人差があるのだから、感覚器官の感受性は個人差や訓練の差があって当たり前なんですね。

ただ、このときはまったく自分はプラーナに意識を向けていない状態で受動的にプラーナの動きを感じとった初めての経験だったので、思いこみや気のせいではなく、この潜在しているエネルギーをよりリアルに生々しく実感した出来事でした。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

雪祭り
Excerpt: 送料・代金引換手数料無料ユキノシタエキス配合ぬれた手でも使える『花雪肌角質クリアジェル』2本★期間限定★入浴剤をプレゼント♪商品価格:6,300円レビュー平均:4.8 なごり雪かな? 「なごり..
Weblog: 3分で丸分かり!コレを押さえればOK!今日の重要ニュース
Tracked: 2009-03-05 09:04

雪の女王
Excerpt: 雪の華 昨日の朝は一面の銀世界になってました。 前日のニュースではもっと降ると言っておりましたが、さほどではなかったです。 この冬最後の雪になるのかな? 毎朝、1.5キロを歩いてますが途中で枝に咲い..
Weblog: 楽天最新情報
Tracked: 2009-03-05 09:57