2017年02月23日

日本長生医学会旭川支部 市民公開講座のご案内

市民公開講座「健康は情報で決まる」
〜ヘルスリテラシーを高める方法〜

■講師:TMSジャパン代表 長谷川淳史 先生
■日時:2月26日(日曜日)14:00〜16:30 
■会場:旭川市5条4丁目「旭川市ときわ市民ホール」研修室101

溢れかえる誤った医学・健康情報に振り回されないため
「情報を見極め、有効活用する能力」を身につけるための講座です。
市民公開講座として一般の方にも開放します。
ご家族、患者さん、お誘いあわせのうえお越し下さい。

■受講料:1000円

◇問い合わせ:大村長生館 TEL:0166(23)0818
Email:tulip@muh.biglobe.he.jp
posted by かず at 07:58| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月18日

母の死とプラーナ〜末期癌の症例報告㊷〜


Functional Assessment of Cancer Therapy-Spiritual(FACT-Sp)について読者の方からご質問をいただきました。

一言で言うと、死期の迫っているがん患者さんへのアンケートです。
例えば、人生で大切に思っていること。自分の果たした役割。自分が誇りに思うこと。などを患者さんに記述してもらい、生きる意味、平穏さ、信念など12項目にわたりチェックし、患者さんのスピリチュアリティを評価しようとするものです。

スピリチュアリティとは、単に健康や生活に直結したQOL、つまりWHOの定義する身体面、心理面、社会面だけでなく、生存の質や霊性など多次元的QOLを意味するものなので、客観的な評価には意見が分かれるようですが、こうした議論が活発になってきたことに、医療の本質が、単に病気を治すことだけでなく、病人の尊厳を尊ぶ全人的医療へと方向を変えつつあるのを感じます。しかし私の住む35万都市旭川市には、260の病院と診療所があり、およそ7,600の病床があるそうですが(日本医師会JMAPより 2016年10月現在の地域内医療機関情報の集計値)ホスピスの病床はまだ数えるほどしかなく、当院に通院される看護師さんの話では、大勢の患者さんがベッド待ちをしているのが現状のようです。

長生医学の目的は“霊肉救済”です。今回の経験を生かし、微力ですが、死に向き合う人や家族を失った悲しみに打ちひしがれたスピリチュアル・ペインを持つ人たちが、最後まで自分を失わずに穏やかな気持ちで生きていけるよう援助出来ればと思います。

母にFACT-Spを実施してもらえば、ターミナルケアにおける霊性の部分を客観的に評価出来たかもしれません。

しかし「私ほど幸せな人はいない」と言い残した母に、その必要はなかったと思います。
こうした病の危機的状況でも、自分と他者を肯定できている言葉なのですから。

posted by かず at 08:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 大村長生館の治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月11日

母の死とプラーナ〜末期癌の症例報告㊶〜


甥は自他ともに認める“おばあちゃん子”です。

「おばあちゃんと一緒に住みたいから、おばあちゃんのいる名寄に転校させてほしい」と、小学校低学年で親元を離れる決意を本気で両親に訴えるほどでした。

そんな甥との何気ない会話を思い出しました。

甥「ねえ最強ってだれだろうね?やっぱりボブサップかな?」

私「そうだなぁ・・・おばあちゃんとボブ・サップ、どっちが強いと思う?」

甥「そりゃぁボブ・サップでしょ」

私「じゃぁ、ボブ・サップに、ボブさんあなたは明日死にますよ。って言ったら、ボブ・サップはどうすると思う」

甥「う〜ん・・・きっと、うお〜〜!!死にたくない!って大声で泣くと思う」

私「じゃ、おばあちゃんに、あなたは明日死にますよ。って言ったら?」

甥「あら・・・そうなの?仕方ないわねぇ。って言うかもね」(笑)

私「どっちが強いと思う?」

甥「おばちゃん♪」

私「本当の強さって、きっと力の強さじゃなくて、気持ちの強さなんじゃないかな」

Functional Assessment of Cancer Therapy-Spiritual(FACT-Sp)という、がん患者のスピリチュアリティを機能的に評価する調査によると、死を受容出来る人は、例え、身体的、心理的、社会的QOLが低くても、スピリチュアルな領域でのQOLが高いそうです。
posted by かず at 16:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 大村長生館の治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月04日

母の死とプラーナ〜末期癌の症例報告㊵〜


母の死に接し、驚くほど悲しみも落胆もなく、むしろ満足している自分がいました。

母がステージWの膣癌と診断されてから、医療者である私たち兄妹が優先したのは、積極的ながん治療や延命処置ではありませんでした。苦痛の排除を最優先し、母が良い人生だった、生まれてきて良かったと思えるケアです。

そのために医療者として私たちのすべきことは、私たち自身が、死への恐怖をなくし、死は生と続いている自然な出来事なのだと気づくことでした。

こうした生と死の仕組みが本当だとすると、死に対する安心と勇気が生まれ、人生の捉え方が変わり、より前向きな人生を歩めそうな気がします。

自分という存在を考えると、生まれようと思って生まれでたわけでもなく、大きくなろうと思って育ったわけではなく、死のうと思って死ぬわけではありません。こうして生きているのは如来の力があるからと感謝し、執着せず、ゴチャゴチャ考えず、その日一日を明るく精一杯生きればよいのだと母のケアを通し実感することが出きた気がします。

そして最後の最後まで、私の持てる能力を出し尽くし母を施術出来ことは、治療者として何物にも代えがたい経験となりました。母のためのケアがそのまま自己成長の恵みだったのです。

如来は母は通し、治療師として私を成長させてくれたのかもしれません。

「患者を通じて、施術者自らも救われる」長生学園に入学してから36年をかけ、長生上人の言葉をようやく理解することが出来た気がします。
posted by かず at 17:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 大村長生館の治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする