2017年12月09日

ありがとう・ありがとねQ

平成27年7月9日 婦人科再診。
   こわそう。待合室の椅子で横になって順番を待つ。
先週末頃から、倦怠感と食欲低下と咳と労作時頻脈症状が出ている。

今のところは安静にしていれば落ち着く。
自宅で食べたい時に好きな物を食べられるだけ食べ、こわくなったら横になる。
この生活でいいと思う。

7/19 和彦兄治療。(お姉さん)
「また腹膜が骨盤内膜に引っ張られている」

朝、治療後から頻脈が治まり、咳が出る頻度も減る。
昼食から食欲が出る。「お腹空いた。あ〜おいしい」と久々に聞く。
さらに、お土産のゼリーを早速おいしそうに食べる。
夕方には「楽になった」と。
夕方に咳き込んだくらいで咳も出なくなる。脈拍90回/分
夕方、和彦兄へ母の様子をメールする。
和彦兄「明日はもう少し脈も安定すると思う。筋膜系は落ち着くまでに時間がかかる。お腹が空いたのは腹膜のつっぱりがとれてきたから」

7/20 「昨日からみたら、動いた後もすごく楽でドキドキしないし、こわいのも半分だ。
食べたい気もある。いやしいんだね」
   脈拍、安静時で80〜90台、動いても100台、咳↓、食欲↑。

7/21 和彦兄治療。

7/22 「日に日に楽。起きていられるようになった。家に居られることと、治療を受け
られることが幸せだ」

7/23 和彦兄「だんだん落ち着いてくると思う」
洗濯などしてある。咳時々。
しかし、父の言動で悲しむことがしばしばある。

洗濯、そんな気になったなんてすごい。

いつも治療のすごさ目のあたりにする。
病院なら対症療法だ。それにより余計苦痛が増す。
道具を必要とせず、楽にしてあげられるなんて、凄すぎるし素晴らしい。
皆それぞれに、自分の出来る事でサポートしてくれている。
休みを返上して来てくれる兄達、ずっと休んでないなぁ。ありがとうございます。
posted by かず at 16:34| Comment(0) | ありがとう・ありがとね | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月01日

ありがとう・ありがとねP

平成27年6月30日
旭川厚生病院緩和ケア病棟申し込みする。私だけ受診する。
ソーシャルワーカー 乾 様と面談し緩和ケア病棟を見学させていただく。
   緩和ケア病棟入院判定会議で受け入れを検討し後日結果を連絡しますとの事。

6月は奇跡的に楽に元気に過ごせた。臥床も少ない。
贅沢を言わせてもらえるなら、現状維持ならいいなぁ。他に望む事ない。
正直、お盆までもたないと思っていたのにありがたい。
兄ちゃん、よっちゃん、ありがとうございます。
治療中の兄達とのおしゃべりも母にとってストレス解消になっていると思う。

平成27年7月6日
旭川厚生病院緩和ケア病棟登録となる。
ソーシャルワーカー 乾 様から連絡あり。
「入院についてはご連絡いただいて、1週間程度でベッドをご用意出来ると思います。患者様にとって家に居られることは一番です。
連絡が来ない事を祈っていますが、何かあればどんなご相談でも力になります。
いつでもご連絡下さい」

母に関わってくださる方は優しい方ばかり。ありがたい。
母を通じて、いろいろな方々との出会いがある。

7/8 婦人科の前日採血のため病院受診。
「仕事休ませてごめんね」

もう何度も言わせてしまった。私こそ気を遣わせてしまってごめんね。
特別治療を望んでいない状況下では正直、採血なんてもう要らない。体調が悪い人が受診するのがどんなに辛い事か。
しかし母は愚痴や文句など言わない。
posted by かず at 19:31| Comment(0) | ありがとう・ありがとね | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月20日

休診のお知らせ

11月25日(土曜日)休  診
 

学会出席につき、11月24日(金曜日)は、午後5時より院長不在となります。ご迷惑をおかけしますが、上記よろしくお願い致します。 

posted by かず at 19:34| Comment(0) | かく語れり(仏教概論) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月17日

ありがとう・あいがとねO

平成27年6月11日 婦人科再診。

   「動くとこわいですけど、特別変わりありません」

6/12 義博兄治療。

6/16 5月からずっとあった下半身の浮腫がほぼ軽減し調子良さそう。表情良い。
   遠隔治療時「兄ちゃんには悪いけど熟睡してしまう。ビワミン続けたい。良く眠れるし便通も良くなった。杉之下さんにお礼言わなきゃね。調子いいのはみんなのお蔭。ありがたい」

6/18 体調良く、友達との集まりに向けて、家周辺を歩いたりしている。
動いた後は疲労感強く臥床する。
皆に感謝しており、言動からやる気も伺える。

「みんなと食事に行く時、おしっこ臭くないかい?」と気にしている。
ヒデが介護用品売り場でみつけて来てくれた消臭スプレーと香水と尿袋に下げる消臭具をとても喜ぶ。

ヒデは何でもすぐ対応して母を安心させてくれるのでありがたい。
「みゆの兄弟はすぐに情報交換して協力し合い素晴らしいね。ただ、お兄さん方の身体が心配」と言ってくれた。

6/20友達と外出
(ヒデの送り迎えで、イオンフードコート内のラーメンを食べ、マックのコーヒー
を飲みながら、おしゃべりしたと聞く)
「楽しかったよ。すーさんはラーメンが大好きなんだけど、みんなパンを食べるから遠慮してラーメン食べないから私が付き合うんだ。おいしそうに食べるよ。
ラーメンのお兄さん、番号呼ばないで親切にテーブルまで持って来てくれるんだよ。私とすーさん危ないと思ってだね」など嬉しそうに、いろいろ話してくれる。

外出、そして友達とおしゃべり、奇跡。 良かったね。お母さん。頑張ったね。

6/21 和彦兄治療。

6/26 義博兄治療。

6/29 夕食にかき揚げを作ってくれていた。

こんなことが出来たのかと思うと嬉しい。
よほど体調が良かったのだろう。結構な重労働なのに。
しかし、いつ食べてもサクサクしていて美味しい。
多分、これが最後のかき揚げだろう。お母さん、ありがとう。
兄ちゃん、よっちゃん、旭川のみんなにも食べさせてあげたいなぁ〜。
私だけごめんね。
posted by かず at 18:55| Comment(0) | ありがとう・ありがとね | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月06日

休診のお知らせ


11月10日(金曜日)午後休診
11月11日(土曜日)休  診


長生医学会出席のため上記休診させていただきます。

尚、11月13日から平常通り診療致します。
posted by かず at 20:58| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月27日

ありがとう・ありがとねN

平成27年6月

6/7 和彦兄治療。
浮腫が徐々に軽減し表情良く、臥床している時間が少なく過ごす。

遠隔治療時いつも「兄ちゃんには悪いけど、足が温かく感じてるうちに眠ってしまうの」と鼾をたて眠ってしまう。

その後しばらく治療できず過ごす。(大村先生の骨折、転院、手術のため)

6/8 谷内科クリニック再診。
24時間心電図と採血の結果を聞く。
「心臓は異常ないです。貧血、腎臓、肝臓、血糖とも正常値でした。ごはん食べれているの?」
「はい食べています。動くとこわいだけです」
「元気でまた顔みせてよ」

母が診察室を出てから、市立病院での現在の経過と母の意思と今後の方針について伝え、診療情報提供書をいずれお願いにあがることを話す。
「お母さん幸せだね。そうしてあげて下さい。手紙のことは電話でもいいから、いつでも言ってね」と言って下さる。

母と私に優しい言葉をかけて下さる谷先生、ありがとうございます。
お母さん、こわくて大変だけど来て良かったね。次回予約日また来れたらいいね。

谷院長はとても気さくなうえ比布町出身で母と同郷ということもあり、母も信頼を寄せ
ている。

「いっつも必ず、<また元気に顔みせてよ>と言うんだよ。優しいんだ」

谷内科クリニック院長の言葉
(自由にお持ち下さいと待合室にプリントして置いてある)

朝は希望に起き 昼は努力に生き 夜は感謝に眠る


母の目に止まらぬはずはなく
「いい言葉だね〜 本当だよね〜 1枚貰っていく」と手提げ袋へ。
posted by かず at 23:34| Comment(0) | ありがとう・ありがとね | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月14日

ありがとう・ありがとねM

平成27年5月31日
出勤前に顔を出すと「夜中に管が抜けてしまった。引っ張ったつもりはないの」
「抜けても漏れ出ていれば何も焦る事ないし、そういう事もあるよ。心配しない
で病院行って入れてもらおう」

泌尿器科受診。
「すいません」しきりに謝る母に対し
「何かあれば予約外でも、午後休診の時でも、いつでもいいから来て下さい。
手術中で僕がいなくても、ちゃんと看護婦さんにしてもらうように話しておくからね。元気出して」と言って下さる。
看護師さんも「私はいつでもここにいますから来てね」と。

「優しい先生ばかりでありがたい。ところで、あんた今からでも仕事行って来てごめんね」
「年休もあるし大丈夫」
「それはわかってるけど、あんまり休ませてるからさ」
「好きで付いて来てるからいいの」

母が一番辛いのに人の心配ばかり。
ひとりで来られる状態じゃないのに。
こんな身体で受診頻回。疲れるだろうなぁ。でも安心した表情。

5/31 義博宅の畑の写メみせる。
「雑草とってやらないとダメだよ。野菜が雑草に負けて大きく育たないよ」とアドバイス。
posted by かず at 23:57| Comment(0) | ありがとう・ありがとね | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月09日

ありがとう・ありがとうねL

平成27年5月21日 婦人科再診。

「旭川厚生病院緩和ケア病棟の件ですが、その時になって急にとはいかないので一度厚生病院に話しておきます。手続きのことも聞いておきます。
急変時や病状により行けなくなった時、または病室待ちなどの場合は、こちらで診ます」と言って下さった。
今後延命治療は望まず、苦痛の緩和を最優先でとお願いした。

5/22 義博兄治療。

5/25 谷内科クリニック受診。24時間心電図を装着し帰宅。
5/26 谷内科クリニック受診。24時間心電図を取り外し帰宅。

5/29 泌尿器科再診。
「管を入れてから、当て物が汚れないので楽です」
本人の意思で尿道カテーテル留置を選択する。
4週間毎にカテーテルの交換に通院する事となる。
「紙パンツあったかいわ〜 普通のパンツもう履けないわ。汚れたら捨てれるし、
いいわ〜 今は便利なものがあって助かるわ」

母は悲観的に考えず現状を受け入れ、前向きで偉い。

posted by かず at 17:22| Comment(0) | ありがとう・ありがとね | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月02日

ありがとう・ありがとねK

平成27年5月16日

義博兄治療。
「私は幸せ者だ」

5/17「今日は楽だわ〜 兄ちゃんと義博の治療のお蔭だわ」

5/18「おやつに半身揚げ食べたよ。冷えても美味しいんだよ」

おやつに半身揚げなんて、かっこいいね。食べられること素晴らしいね。
posted by かず at 07:51| Comment(0) | ありがとう・ありがとね | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月22日

ありがとう・ありがとねJ

平成27年5月15日

泌尿器科受診。
北原医師「癌が膀胱に浸潤し、膣と膀胱がつながってしまったので、括約筋のない膣から尿が漏れている状態。言い方は悪いが垂れ流し状態なのです。
当て物を取り換えるか、管から出すかになる。
今日、管を入れて2週間試して、上田さんが管理しやすい方にしましょう。
尿管は今の所は問題ないです。

上田さん、おしっこは尿道でも膣からでも、どちらかから出てればいいんです。
あまり考えないで元気出してくださいね。
カテーテルは刺激が少ない腎瘻用の柔らかいカテーテルにするからね」

尿道カテーテル留置する。
良く発熱しなかったと思うくらいの臭気の強い血尿に組織片混じりの尿が流出。
外出時や日中用と就寝時用にと2種類尿袋をいただく。

診察が終わると昼過ぎていた。
「お腹空いて家まで我慢できない」と病院の食堂で卵とじそばを「おいしい・おいしい」と完食する。
「お父さんとヒデちゃんにお土産買っていこう」と売店でドーナツを買い帰宅後ドーナツ1コも食べる。
待ち時間にいろいろな話しをする。貴重な時間。
「仕事休ませてごめんね。ありがとう」すまなさそう。

帰宅後、尿袋の交換の手技や入浴時の方法、その際の感染の注意事項などを積極的に覚え「わかったよ。私、管入っていること、外からはわからんね。友達とコーヒ飲みに行けるね」

母は現状を受け入れ一生懸命だ。お母さん、偉いね。
母が一人で悩んだりせず、何でも打ち明けることができるような娘でありたい。
私は何よりも、何でも相談出来て協力を惜しまない兄達がいてくれて安心だし心強いしありがたい。
いつも休日返上して来てくれてありがとうございます。
posted by かず at 22:27| Comment(0) | ありがとう・ありがとね | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする